料 金 の ご 案 内

顧問契約制度

 医療法律相談室の顧問弁護士は、すべての業務について、日常的に相談に応じます。
 医療倫理委員会への出席、職員研修も、原則的には弁護士との顧問契約に含まれます。
 但し、書類の作成、示談交渉、訴訟手続などについては、別途料金が必要です。
 これはその都度相談の上、決めます。

    医療機関の規模     月額       年額
個人医院    31,500円   378,000円
19床以下の診療所    42,000円   504,000円
100床以下の病院    52,500円   630,000円
101床〜150床の病院    68,250円   819,000円
151床〜200床の病院    84,000円  1,008,000円
201床以上の病院   105,000円  1,260,000円 

顧問契約を結んでいない方の、個別の法律事務処理は、その都度要した時間で料金が決まります。
タイムチャージは1時間当たり、31,500円です。

メールによる法律相談

 メールによる法律相談は、相談者と弁護士の間に信頼関係がないと、事案について適切な回答ができなかったり、望ましい解決につながらない場合がありますので、あまり好ましくありませんので、顧問契約を結んでいただくのが原則です。
 しかし顧問契約までは必要でないという方も、メールで法律相談をすることはできます。
 この場合の相談料は1回1万円です。




タイムチャージ制